ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[ 日本シリーズ]

今年の日本シリーズは、過去に例がない様な盛り上がりであった。巨人も楽天も実力で勝ち上り巨人にとって、日本シリーズの相手は楽天でもロッテでもどちらでも良かっただろう。しかし楽天にとっては巨人相手は願ってもない対戦相手であった。楽天にとっては理想の相手とやれるのであるから士気は最高潮であっただろう。ゲームは粘り強い楽天が巨人に食い下がり見事に日本シリーズを制した。こういった短期決戦ではいつもと違う何かが起こる。巨人は期待の選手がいつもの姿ではなかったし、一方の楽天は全員が前向きの姿勢を示し、投手は全力投球。野手は全力疾走で巨人にぶつかっていった。
要するに、勝負に対してチーム一丸となれるムードを作ったのはやはり星野監督の器量ではないだろうか!彼は昔からの型を持った指導者である。本当に監督らしい監督と言える。戦う男の姿が強く見えるし、戦後日本を造った勇者のように見えた。オリンピックも決まり巨人が優勝すれば間違いなく経済効果は絶大であったと思うが、今回は大震災のあとで盛り上がりはすごかった。楽天はどの球団よりこの大震災に対して身近であったし何回も何回も励ましに行ったり我事のように接してきたと思う。その中での快挙は被災者に限らず東北の野球ファンも大きな勇気と喜びをもらったと思う。

しかしながらこの大震災の傷跡はあまりにも大きく、今なお心を痛めている人も多い。この優勝で少しでも彼等の状況を国、そして国民が今一度対策を考え直してもらいたいものである。海の向こうでもワールドシリーズ大盛り上がりでレッドソックスが勝利し日本の上原と田沢の活躍が本当にうれしい限りであった。勝利の方程式は楽天もレッドソックスも同じで投打のバランスが良く、主役がいつもの仕事をした結果、こういう結果になったと思う。私も今回この日本シリーズを興味深く全てのゲームを見ていたし大変な刺激を受けたものであった。星野監督の負けず嫌い魂は本来私の姿でもあった。だから本当にうらやましかったものであった。

最近この魂が薄らいでいることに気付いていたが、今回の事で又私の心に炎の魂に火が付いたような気がする。そう思って頑張らないと星野監督に笑われそうダ!!

尾崎将司

PAGETOP