ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[心の悩みと体の悩み]

今年のクラウンズの時から、右足の痛みとシビレが再発したようだ。
日本プロの時は、1ホールしか持たずキケンせざるを得なかった。本当につらいものである。今年のキャンプで充分自分なりに頑張って期待したものであったが!昔の痛みに戻ったようで心も体もうずいてひどいものである。この痛みというのは、脳に回路が出来ていてするどく察知してしまう。脳には、苦しい・悲しい・つらいという大きな出来事が蓄積される。だから忘れられないのだ!だからこの回路を取り除く事は大変な作業である。よほどの良い結果が必要である。だから2度も手術をし自分なりにやってきた。しかし完治という事はなく、出来る範囲の事を地道にやり、やわらげる以外ないのである。

体・技・心の体がこれでは戦う態勢が出来ない。しかも最近ではパッティングでも思うように手が動かず、感性の鋭さが落ちている様に思える。これも足の悪さからきているのか?しかしながら今一番の治療方法があった。まだ半信半疑であるが、2・3年前に米国で開発されたばかりの治療法である。針先に電流を流し、神経を刺激しながら液を入れてゆくのである。これをパルス治療という。一回の治療で4カ月もつという。私もこれを一度やり、今までの治療より効果を感じた。しかしまだ連続ラウンドの時は後半になると少し痛みが出る。頑張ればなんとかなるが、痛みを忘れてしまう程パーフェクトではない。

しかし元が悪いので仕方がないと思う。要するに、一生完治する事はないのである。今はこのパルス治療法を楽しみにして向かっていくしかないと思う。なんか自分が弱音をはいているようで、“らしくない”と思うが、なんとかならないものか?という思いでいるから仕方ないと自分を慰めている。
人生とは、憂いと共に歩む事なのだろうか!脳からの指令で痛みは出るし、又脳からの指令で指先の神経まで届かない!一体どうなっているものやら…
本当に理解できないゾ!!
追伸:健全なる精神は、健全なる肉体に宿る!!

尾崎将司

PAGETOP