ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[キャンプの成果]

今年のキャンプの課題は、一言で言えば強い体をつくるというテーマを持っていた。特に肩筋を鍛えるという事を重点的にやっている。これはスイングスピードを上げる為に必要な筋肉である。いわば速筋力をつくるという事である。昔野球のピッチャーを長い間やっていて肩の強さは自分でも自信があった。だからゴルフでも成功したと言っても良い。
この肩筋は以前左肩を痛めてから腕立て伏せが1回も出来ない状態であり、これでは強く振る事も出来ない。この左肩も1年間の加圧トレで随分と良くなり、今現在80%ぐらい回復しているのでいろいろなトレーニングも出来る様になっている。ダンベル、ゴム、いろいろなるトレーニング方法で自分ではある程度納得できるようになってきている。

去年までのスイングは、インパクト後の左肩の回転が良く途中までしか動いていない。この状態では飛ばない。これをなんとかしようと力んでしまい良い結果が生まれなかった。勿論肩筋だけでは十分ではない。体の回転力も必要であり又下半身のパワーもこれまた速筋力を上げる重要な要素でもある。いずれにしてもどうすればスイングスピードを上げられるか?私の方法は通常のミニクラブでソフトボールを打つ事で特に1050gの重いクラブで打ち、そしてすぐ750gの軽いクラブで打つ。この300gの違いが大きなスピードの違いとなってくる。この重いクラブと軽いクラブを交互に打つ事により、このスピードが体感出来、いずれ自分のものになるのである。これが私流のスピードアップの方法論である。

重いクラブでは筋トレになり、軽いクラブは回転力が上がる。ドラコンプレーヤーはいかに早く身体が動くかのトレーニングをやっている。私の場合も、本当は下半身の力をもっとつくるべきであるが、この年になってのダッシュは必ずどこか痛めてしまう。今年も一度足を痛めた時がある。だから下半身のスピードは残念ながら若い頃の様にならない。だから必要最小限の事をやり、あとは上半身でカバーする事が肝要であると思う。肩筋が出来れば、おのずと腕も強くなりこれを生かせば大きなスイングアーチからこれにスピードがつけば、距離感は間違いなく伸びる。
自分なりの一石二鳥というか、合理的というか、これも又日々研究の成果だと思っている。まぁこれだけでなく色々技術的なる事もいるが難しいのでやめておく。早くゲーム中に自分の満足出来る振りでやってみたいものである。マキロイの様に!!
今年も又ライバルが変わった!!この浮気者め!!

尾崎将司

PAGETOP