ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[春の嵐 ]

今日本では、色々な嵐が吹いている。
被災者からは苦情の嵐、自粛の嵐、風評被害の嵐、多少緩和されたと思うが?政界では相変わらず総理のイスの奪い合いの嵐、私の好きだった田中角栄氏以後、総理の座を欲しさにどれだけの人数が次から次へと!まるでたらいまわしのあらしである。国民は嘆きの嵐、一体この先日本はどんな嵐が吹いてくるのであろうか?

世界のゴルフ界でも、タイガー不調でギャラリー減少の嵐。視聴率も下がりっぱなしでそれこそゴルフ産業も大変で、それにゴルフプレーヤー減少でゴルフ場もガラガラ。トーナメントはやはりタイガーとミケルソンがいないと歯の抜けたなんとか!で面白くない事は当然の事である。やはり認められた主役がいないと舞台にならないし、絵にもストーリーにもならない。プロ野球では巨人・阪神が上位にいないと、これまた面白くないファンが多い。今年の日本のツアーも春の嵐が吹きまくっている。初優勝者が続出し、最初は皆、ここまで苦労し頑張ったものだナ!と思っていたがこう続くと一体主役たちは何をやっているんだ.という事になってくる。まるで今スポーツ界は下剋上の嵐がふいているみたいである。

戦国時代に足利義輝将軍が松永久秀?に殺された様に、誰にでも天下をとれるチャンスがある時代の様である。私としては義輝が数々の名刀をはかりにさし、戦った事よりそれがどんな刀であったのか知りたいものだ。日本の三人衆(遼・勇太・峻輔)も未だ快音聞けず、私は彼らには早目の一勝が大事だぞ!といったアドバイスを誰も実行できていない。これでは今後良いアドバイスは出し惜しみしてやるゾ!!
しかし今現在だけであるが、賞金王の河合博大は、今年私の合宿に参加し、ゲロをはきながら頑張ったものだ。だから私としてはこの成績は少し嬉しい様な気がする。しかし頑張ればいい結果が出る保証はなし。本人の資質があったという事であろう。しかし河合は未だタイヤを引きに私の所に来ている。人は変われるという事の代表例になるのであろうか?私は色々と試しながらのスタイルであるが、まだ試練の嵐が私に吹き続けている事にうれしさを感じる春であった。

尾崎将司

PAGETOP