ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[大震災と男子プロ]

大震災から1カ月以上過ぎ、日本国中と世界各国から支援物資・義援金そしてボランティア活動と大変有り難いものである。しかし未だ余談を許さない状況が続いている。
被災者は一体どれだけの辛抱を今後続けなければならないのか、本当に気の毒で胸がつまる。本心で神仏をうらみたくなるこの状態の中男子プロゴルフ界は少しずつ動く様になっている。しかし私の提案は少しだけ届いただけであった。私としては100%受け入れても足りないと思っているのに!!外から見ていると男子プロと女子プロは丁度プロ野球のドタバタ劇みたいである。パリーグの方は早々に現実を見、統一の考え方を示したが、セリーグの方は選手・球団・コミッショナーと三者の意見が分かれ、結局世論に負けた形となった。

女子プロは協会と選手が一丸となり早々に前向きの姿勢を示した。まるでパリーグの様に。それに比べ男子プロはJGTO・選手会の判断遅くセリーグを見ている様だ。プロはファンあっての立場であり、戦後最大の危機にふんした日本を軽々しく個人的な事情をいってはいけないのだ今は少しでも痛み分け、精神を持つ事である。だから私は選手全員参加が一番良いと思っている。本人達がやれる範囲内でいいのだ。一部のプロに任せてはいけない。遼が米から賞金獲得額全部義援金とするというメッセージがあった。本当に素晴らしい男になったものだ。こうなると又遼にオンブにダッコである。

又、世界のゴルフツアー界から義援金を協力してくれるらしい。100億ぐらいなるだろうとJGTOがいった?そうすると日本ツアーはその中の20%ぐらい集めなければ立場がなくなるのではないか?それぐらいの覚悟はいるゾ!!では20億集める方法論はあるのか?本気で汗をかかないといけない事である。人は誰でも当事者でないと痛みがわからないし、わかろうとしない、そんな世の中になりつつあった。昔は国の為にどれだけの人達が国を想って戦地に出て行ったのか。今はこの事も真剣に考え直す良い時期である。間違いなく潜在能力はあるのだから。でも原発の中に日本の危機の中、悠然と手をあげて立ち向っていった人達もいる。余計な事かもしれないが彼らこそ皇居の中で天皇陛下から、おほめの言葉を頂き、そして日本男児としての勲章を頂いてもらいたいものである。男子プロも被災者とそしてすべてのプロスポーツ界から、大きな勲章をもらってもらいたい!!

尾崎将司

PAGETOP