ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[東北大震災とプロゴルフ界]

この大震災に対し、私はどうなぐさめれば良いのかわからない。心より頑張って下さいとしか言えない。東北地方の方は辛抱強く、忍耐力、そして団結力。日本人として本当の姿を見る様である。又、中・高生が必死の協力をTVで見て本当にうれしい限りである。その反面、関西の方に避難する奴もいるし、又買いだめする奴あとをたたず。又この時とばかりに詐欺まがいの事をする奴もいる。
一体どっちが被災者なんだ!!

私の社員の一人に仙台出身で今も女房と子供がこの被災地にいる。彼は小さい車にガソリン・灯油・水・その他必要であると思われる物を車一杯に積み込んで仙台に向かった。そしてそこで1週間くらいボランティアをする。その間の本人の食料をコンビニで売れ残っている安いパンを持って走って行った。私はこの姿を見て感動せざるをえなかった。勿論彼だけでなく、全国からボランティア活動する立派な人たちも大勢いる。日本が最大の危機に今ある時、プロスポーツ選手がプレーによって勇気づける、励ますといった事は、今回は期待出来ない。今、原発関係の問題、被災者に対する数多くの問題が山積みされている。又、節電・節水・節エネと日本国中が真剣に取り組まねばならない時でもある。

そして我々プロゴルフ界、特に選手会・JGTO・主催者側とこの三者は一丸となり、対策を練らねばならない。他のスポーツ界、芸能界、その他心ある方は機敏なる対応を見せて、早々と貢献している。プロゴルファーは個人事業主であるが、こういう時こそまとまり、政策を打ち出す事が慣用であると思う。そこで私個人の提案であるが、トーナメントの賞金総額の20%を義援金として送る。これを1年間続ける事によって、5億円以上の金額になる。主催者側も社会に対し顔も立つし、選手も全員協力した事になる。20%は痛いという選手もいると思うが、それを今言ってはならない!それともう1つ、シード権を持つプロは一律100万円の義援金を出す事。 もうすでに個人的に義援金を出して素晴らしいプロもいる。又、予選会に出ているツアーカードを持っているプロにも1口1万円以上の協力をお願いする。この人達には金額を明記せず、匿名だけで良い。そうすれば、全てのプロがこの義援金参加協力した事になる。これだけでも1億円近くなり、又男子プロも社会に対し胸を張れるし、評価も受けるであろう。こういう事はJGTOが窓口となりやるべきであろう。いずれにしても選手会が全面に立って早急に結論出すべきである。(一応選手会長には伝えてあるが…)本当に今選手会長は頑張ってもらいたい。私も口だけでなく、この一年間は、全面協力をする事を心に決めている。
日本のプロゴルファーは、本当にやるじゃないか!と一度でいいから言われてくれ!!

尾崎将司

PAGETOP