ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

ジャンボ尾崎より今月の書

今月の書

書を拡大

[球筋理論]

よくゴルフスウィングはどうするのかという分野が多い。これは簡単に言うと、どういう球筋を打つかによってスウィング作りが異なるのである。私の場合は、ゴルフを始めた頃はドロー気味であったが、プロに入ってからフェードに変えている。これは、コントロールを重視する意味合いがあったからである。今になって考えれば、これが最善であったかは?疑問になってくる時もある。フェードは右回転のボールを打てば良いから右回転が少ないとストレート、大きいとスライスという事になる。いずれにしても右回転が大きいか小さいかでだけでそれだけでも計算が出来る。一方左回転は右プッシュ、大きいフック、小さいフック、それとダークフックもある。だから計算が立てづらいのである。私はこのフェードを打つ為にいろいろな工夫をやったものである。

まず左グリップをスクエアにする。そして右グリップをかぶせる。これはクラブヘッドのターンを極力押さえられるからフェードを打ち易くなってくる。しかしヘッドが返りづらい反面、ヘッドが走らず距離が落ちるという事につながる。だから人に勧められない。私の場合、長い間投手で培った強く柔らかい右手首があったから、何とかなったと思う。又フェードは目標が左ねらいになり、オープンスタンスが強くなり、又バックスウィングが当然高くなり、体のネジリが少なくなる。だからヘッドが入ってくる角度が高くなり、必要以上の回転数になってしまう。これは問題であった。若い時にマスターズに出場していた時に、このコースはドローが必要なので、ゲーム前に必死でドロー練習をやったものだが、所詮つけ焼刃、うまくいくわけがない。フェードを極端にやっていた事が、世界への距離も遠くなった事を覚えている。

そして自分を立ち直らせた40代のゴルフ。これはフェード一本のスウィングの改造から始まったものである。ずい分と長くかかったものであったが、正確な解答であった。要するにゴルフスウィングを追求していく時に、ドローとフェードはいつでも打てる様にするスウィング作りをする事が必要である。練習ではどっちでも打てるが、ゲームでは、どうしてもフェードを打とうとする傾向が未だに続いている。習性とは恐ろしいものだ!!野球的にいえば、フェードはインコースの球を左中間スタンドに、ドローはアウトコースの球を右中間スタンドという事になり、野球をやっていないゴルファーはこの理論を理解する事は出来ないと思う。私が長い間やってこれたのも、この理論を熟知していたからでもある。どうすればいろいろな球筋が出るか、ゴルフ上達にはこれが一番であるが、しかし今のクラブとボールは昔と違って直進性に優れているから、あまり回転を意識しなくてもすむ様である。これも又いい事なのか悪い事なのか?時代の流れを知りながら、又逆らって歩む自分の姿も又、いい事なのか!又悪い事なのか?答えが出ないゾ。

尾崎将司

PAGETOP