ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2008/08/01「ハングリー精神」

今月の書

書を拡大

[ハングリー精神]

一般的に、金銭面のことに結びつけて、このハングリー精神という人が多い。がしかし、本当は自分の人生における仕事とかそして夢などに情熱をいつまでも追及することである。特にスポーツ選手は、勝利の二文字に対し精一パイの努力をし、そして勇往邁進の精神を持って、立ち向っていかねばならない。人は年をとるが、仕事は年をとらないって事。気力と努力があれば、いつまでも磨きがかかるものである。競争の厳しい世界では、自分がしんどい時は、相手もしんどい と。そして、その時がスパートだと!実に人生とは、マラソンの様なものである。このしんどい時にスパートする事は、簡単に言いあらわせない。究極の世界であるし。皆、これを目指しているが中々出来ない。

私の友人の武田信玄も言っている。天も味方にし、地も味方にし、人をも味方にし、我自らも味方にせよと。これこそが、勝負に対しての「天運六分・自運四分」の戦略ではないだろうか。現在の私は、今后、又何か大きな目標の為に、ハングリーになる事が必要と思う。又、勝負に対して勝たねばならない為の目標をたて直そうと、真剣に取り組んでいる、今日この頃である。ファンの皆様への期待を完全に満たす事も、自分に与えられた義務でもあり、この為にもハングリーになり危機感を持って立ち向っている。何か今回は一般的な常識をいっているみたいで面白くない。

私らしくないから、かたいのはやめよう。以前ある人が私に言った。「年間1勝作戦」でいいんじゃないかってね。私は年間5勝前后予定して戦っているのに、失礼じゃないかと思ったけれど、まぁ一般的にはこの一勝作戦も気楽な余裕がもてる作戦だと思った。しかしこれは私には当てはまらない。私は一般的でないからだ。私はいつも出る試合は、全部勝とうと思ってやっている。が、こだわる為に、気負いとか、計算しすぎとか、トップを意識しすぎとか、結局自分を見失う結果になる事も多い。又、理想と現実のギャップに疲れてしまう。そしていつも何かに当ってしまう。「お前のせいだ」って!何とガキっポイ事この上なし。 しかし、私はこの作戦でしか、頭に浮かばないョ!!

尾崎将司

PAGETOP