ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2008/07/07「カルマの法則」

今月の書

書を拡大

[カルマの法則]

基本的には人間のすべての行いは、すべて自分に返ってくるという事である。だからいかに、すばらしい人生だったと思えるぐらい、全う出来るかが肝心である。人間の行いは、身・口・意の三業(サンゴウ)といい、ここからすべてが始まる。心で思う、口で話す、体で行う。とようするに、「善因善果」と「悪因悪果」又「善念善来」と「悪念悪来」となる。それこそ、心・口・意の三業が、そのまま善となり悪となって、我と我身に返る事を表現したものである。だから、例にとって今現在の私の体は、私自身が作った結果であり、責任という事になる。暴飲暴食、注意散漫、サボりグセ、自分本意、すべて自分に返ってきたという事である。これこそ自業自得って事の神髄だね。でも人生は山あり谷ありだと、物は考え方次第です。どんな境遇にあっても、それは自分の進歩・発展の為に必要な事であるとハッキリと線を引く事である。私は今、この苦しい時期を必要としているのです。 少し負けオシミ!

我々三兄弟は、ゴルフで成功した。この事をカルマ風に分析すると、我々の御先祖の方で誰かがすばらしい人生を送り、我々に運をもたらしてくれたのです。おそらく、その本人は一生恵まれず、浮かばれず、いい思いも少なく。しかしながら、善念善来の精神を持って、一生すごした人である。

これが、今回私が一番言いたかったテーマです。 ゴルフで言えば、一流になりたい。トップになりたい。優勝したいと思っている。が、それを手にする人数は、ほんの一握りである。その他多数は、一生そういう事に出合わない。 しかし、ここからが大変重要である。自分の頑張りとか、辛抱が、自分に返ってこなくても、自分の子孫とか、孫に必ず返ってくる。この事、間違いなしである。尾崎大明神が保障する。そう思うと皆さん、頑張り続ける事ができるでしょう。この精神を持って、一生送ってください。そして、生きているあいだは、生き生きとして下さい。 私もこれを書きながら、反省している。

尾崎将司

PAGETOP