ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2008/02/01「究極の我人生」

今月の書

書を拡大

[究極の我人生]

4、5年前に知り合った佐々木さんという人物がいる。その方とは時々話をする。その人が言う究極の人生とは、我ママ勝手、自分の思うがままの人生を歩む人間が一番の幸せ者であるという。しかしながら一般的に誰でも当てはまる事ではない。他人から見てあの人なら仕方ないとか、あの人なら権利があるとか、やはり他人から認められた人間しか出来ないワザ物である。という事は超一流の人物という事になる。私もその代表であるという。まァ、言われなくてもそれは分っていた。昔から型に入れられるのを極端に嫌い、すべて自分が主役、自分の思った通りにならないとダメで今でもゴルフ界ではこれを通している。

我ママと言っても一般的な常識もあるけれど、どこか抜けていたり又、世の中知らない事も多くてもそれを深く考えない得な性格かも知れない。早く言えば自分がやろうとする道の事しかわからないし、よけいな分野はうまく省ける能力を自然と持っている。良く言えばすごく純粋だけれど悪く言えば悩カイロが何本か切れているんだよ。それを最近やっとわかってきたけれど、今まですべて望んだ物は手に入れられたし、又すぐに捨てる事も簡単であった。熱し易くサメ易い典型的な我ママ人生である。これは死ぬまでなおらないョ。

ただゴルフだけは醒める事なく、いつも少年の様なときめきを持ってやっている。この分野でもいつまでも成長出来てない大人になりきれない私です。だから体調うんぬんと関係なくトーナメントの前夜は次の日が来るのが楽しみで楽しみで、丁度子供が遠足に行く前の日みたいでそれでつい寝不足になったり、コンディション作りに影響が出たりしている。私の生き様は中々理解されないけど、理解出来てくるとたまんない魅力らしいとたまに言われる。1万人に1人ぐらいの割合かな。だからアンチも出てくるのである。しかし私はこんな自分が大好きです。

尾崎将司

PAGETOP