ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2007/11/06「New Professional」

今月の書

書を拡大

[New Professional]

プロとは何かと聞かれたら、私は即座に特殊技能者と答える。この簡単なる答えとは人に出来ない事をやるという事。だからファンが観戦する価値が大いにある。これがもう一つ上に行けば行く程断固たるスタイルを持ち、そして必ず結果を出す。これは自分が超一流としての自覚を持っていて、そのプライドたるや、すごいものである。又、物事をあまりにもストレートに解釈し、そのまま言ってしまうのでビッグマウスとか陰口をたたかれる。この典型的な人間が二人いる。ゴルフのジャンボ尾崎と野球の落合監督の現役時代である。そして本音も建前も使い分けられない者でもある。私に言わせれば間違いなく正直者でもある。だから強烈なファンもいるけれどアンチも多い。

しかしプロスポーツでアンチを持つ事は、これは大変な事であるし偉業でもある。以前はアンチ巨人とかがあったが今は少ない。巨人ファンにとって、淋しいものだね。このアンチは強すぎる為に出た言葉と思うが、又やっかみ、ねたみ、そねみのたぐいか?いずれにしても面白い事はそのアンチも実はその人間に興味を持っており気になって仕方がないという裏のファンと言えよう。私はなかなか良い解釈をするものだ。まぁ中には本当に嫌いな者もいると思うが人それぞれだ。

又最近のイチローも大変な存在である。感覚的にもすばらしく、言っていることが違う。「世の中の常識を変えられたらうれしい」となるほど、なるほど。世の中の常識なんてもしかしたら記録の様なものか?いずれは更新されるものの様に言う。うれしいね。以前から私は常識不足とか言われたがイチローによって救われたネ。そんな古い常識なんかにこだわらないよってネ!新しい常識を知らないのかって!イイネイイネ。いずれにしても勝負の世界で間違いなく実力の違いを見せつける事が、大事と思える。人間は素晴らしい。これこそOK牧場だ!!結論から言えば、自分本意の考え方の中で人生を進めて行くうちに他の者も仕方なくそれに同調しなければいけない程のパワーを持った人間であるという事。これが新常識人であると同時にニュープロフェッショナルである。

   尾崎将司

PAGETOP