ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2007/04/03「いざ開幕へ!!」

今月の書

書を拡大

[いざ開幕へ!!]

今年からのトーナメントは私にとり新たな節目の旅立ちの様な気がする。ラストサムライあと10年、自分でも意義のある内容を作り出したい。これは願望でなく目標である。今年の一月から充分トレーニングと練習を丁寧にやってきたつもりである。一抹の体の不安はぬぐいされないが、前向きな気持は今まで通りである。そして今年からそれ以外にストレス解消となるカラオケを又やり始めたものだ。4、5年前まであったがそれ以後やっていなかった。古い音楽関係の器具を引っぱり出してすばらしい音響を造り上げた。だから気持ちよく歌える。若手と一緒にずい分とやったものだ。だから新しいレパートリーも増えたョ!何とゆずの“栄光の架け橋”である。ジャンボ尾崎とゆずのこの組み合わせは想像も出来ないだろうネ。この曲のメロディはすばらしく久しぶりに感動し、頑張って覚えたものだ。以前は“風に立つ”という曲でこれも見事であった。が、今度の曲は私の歌のテクニックにバッチリである。それにもう一曲“千の風になって”である。作詞は不明であるが日本の音楽家が曲と詞をつけて見事な曲に仕上がっている。今この2曲を持ち歌として歌っている。今度勝ったら表彰式で歌いたいものだ。これじゃ亀田三兄弟と同じだネ!

この様に体と心をリフレッシュさせる事に見事に成功させ、戦う体勢をとっている。まァ戦う体勢も今までとは少し違った作戦をとろうと思っている。従来の様な一喜一憂でなく少し大人のゴルフを展開しようと考えている。これはゴルフをやれる純粋な嬉しさを胸に明るくやっていきたいと思うが、果して本戦になるとどうなるかわからないが、楽しみである。大きな試練のあとだし、又50才にもなった事だし、変った姿も見せたいものである。スウィングの方も腰中心に相当動く様になり、リズムアンドブルースの様なスウィングに仕上がっている?と思っていたい。

一年間戦い続ける為の条件をしっかりと見つめてみると  1)素質は充分でありセンスもバッチリ。 2)技術はスクエアゴルフを追求し続け、緊張感の中での一律の動作が出来る様にする事。 3)ゴルフ頭脳はこれはセルフコントロールとか集中力、そして判断力と洞察力これら理性である。私は意外とこの理性があるのだ。観ている人は理解しづらいと思うがこれは本当の私の姿である。 4)プライド。これは昔から私の一番特長であり、他人に負ける事が一番の屈辱であるのだ。新たなプライドを築く為にも結果が必要なのである。この様に戦う為の条件をしっかりと再認識をして前進して行きたいと思っている。
“今に見てろ!!若手の野郎共!!”

尾崎将司

PAGETOP