ジャンボ尾崎オフィシャルWEBSITE

MAXMUSE

message

2007/01/01「謹賀新年」

今月の書

書を拡大

[謹賀新年]

「あけましておめでとうございます。本年もよろしく」 と、一応一般的な挨拶をしておいてと。私は今年にかける。又、自分にかける期待をしており、過去2年間の自分への屈辱とファン皆様への期待を裏切った事を早く消し去りたいものである。その為にも私の中に3つの大きな要素の重要性を感じている。その1つは天の時である。これは運ともいう。この運を自分で実感する事が大事であり冷静に判断せねばならない。今は進むべきか、退くべきか。この両方の運気を見きわめる事である。去年まで退いていたから今年は進む以外なしである。その2は地の時である。これは条件という。この条件とは自分の技術的なる仕上がり状況を把握する事にある。その為に体調を整え、技の追求をやり、常に自分を70%以上の条件をそろえることが大事になる。今は前に進める体になってきている。その3は人の時であり、私流には戦意と解釈する。自分の心の中に勝つ事に対し、本当にやる気があるかどうか、これが大事である。運と条件が悪いと充実感がなくなり、戦意が長続きしなくなるものである。しかし悪くてもこのやる気、戦意の心は最後まで持ち続ける事である。この3つを今年は新年にあたり、もう一度心にきざみたい。まあ言うのは簡単だが!しかしこの簡単が簡単にいかないのが人生でもある。だから面白いのである。こうやって自分の思いを一度公開した以上、いい答えを出す事が使命となってくる。私はこうやって自分を追い込む事をしないと、すぐ忘れるいい性格を持っているのだ。

人それぞれ年頭に当り、今年はこうしたいああしたい、と自分の願望を想像する。しかしほとんどが、それが幻覚であったと後で気付くものだ。それは本当に自分の夢に向って真剣に取り組んでいなかったからである。私も含めて!だから夢と幻覚は天と地ほどの違いがある。私のこの2年間は理由があったのだ、と言いたい所だが、勝負にたずさわる人間は理由とか言い訳は通らない。負けは負けである。だから今年は本来自分の持っているプラス思考をもどす事にする。これはビジョン戦法という。以前はラウンド中に優勝インタビューの事も考えていたし又、前祝いもやっていたものだ。負けず嫌いでプライド高く常に自分のゴルフ人生にプラスになる物はないかと探し求めていた。本当にプラス思考そのものであった。だからこれが私本来の姿なのである。それがこの2年の間コースへの不満とか、自然への不満とか、又、他人への不満とか、不満が充満していたものだ。これじゃいい結果が出るわきゃないヨ!わかっちゃいるけどやめられネエ!ってところまできていたものだ。

しかし去年の末からは私は自分の壁、運も取り戻してきている実感がある。実は去年の11月から私の運気は大上昇運にあるという。これは別名大常勝とも言う。正月からサエてるネ!偉い人にも言われたし、自分でもすでに感じているものであった。だから今年は大口をたたくヨ!有言実行ダ!今の男子ゴルフ界を又盛り上げてやる!俺がやらなきゃ誰がやる!全部俺らにまかせなさい!と元旦に誓いたい。今年は亥年と私の年でもある。この1月24日に初めて私は50才になるのだ。これは本当の話です。実は私は人より10才若い事をかくしておったのであります。本当に申し訳ない。ここにすべて懺悔!!
“ 我昔所造諸悪業  皆由無始貪瞋癡  従身語意之所生  一切我今皆懺悔 ”

一月一日 尾崎将司

PAGETOP